忍者ブログ

印度の小噺。

計画的のつもりで、 無計画に飛び込んだインド生活の、 テンヤワンヤなコトの顛末を綴ります。

Home > > [PR] Home > インド東北旅行編 > ダージリンからネパール国境線での動向。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダージリンからネパール国境線での動向。

 

随分あいだが空いたけど、
たまに突っ込まれるので、
最後までお付き合いいただけたら幸いです。


今回のインド東北部シメの旅路はネパールに入るコトにしたんだった。


ソレはどんな”折角”って言葉を思い描いてみても、
今回友人の住むソッチに行く機会はほとんど無いと思ったからに他ならないだろう。


ダージリンから西の国境を無事に抜け、
国境が切り替わった途端に酒の売り場の風景が一変した。


コレまでの牢獄みたいな酒屋から、
ソコらの商店でも普通に扱う合法飲料に様変わりした様だった。




その代わり?なのか?
見覚えのあるエナジー飲料もネパリ仕様になっていたのは一興だよね。




ダージリンサイドのインドから、
川を一つ越えれば国境という、島ん人からはイメージも出来ない環境のソコは、
とはいえ何も大して変わらない茶畑と農村が広がる地元の生活圏であった。



そういえば、この旅で一貫していたのは、
自身のセッカチな過ごし方に対するアンチテーゼなんだろうと想う。



普段ならイチベツしてそのまま次に向かうばかりの旅路を過ごしてきたんだ。


ソコで友人たちの子供にペースに合わせノンビリと同じ場所で数日を過ごし、
”ドコヘ行く”というよりも、”どう、誰と、過ごす”という、
ずいぶん忘れかけていた価値観に向き合ったんだと想う。


ホント、楽しかったよ!ありがとう。


いずれにしても結局は、
外国人の僕はデリーだろうがドコヘ行っても旅行だし、
どこで何をしてもキット思い出の類になるんだろうね。






茶摘み体験や、摘んだ茶葉の換金作業、牛豚などを観察したり、
池の金魚を釣ったり、食べたりして過ごす涼しい日常を経て、
熱波なシリグリから更に熱波なデリーに向かったその日が、
思わずどうやらネパールの年末大晦日だったんだそうなんだ。






翌日インドを発ち日本に帰る、ちょうどその日が新年元旦だなんて、
ずいぶん出来すぎているなぁ!って思ったんだけど、
やっぱりそうは問屋が降ろさない展開に引き摺り下ろされて行くだなんて、
ホントその時は思いもしなかったよねー。


まだまだ続く。

















にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
PR
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
PR
" dc:identifier="http://india.no-mania.com/Entry/348/" /> -->
Responses0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード

FBページ、あります。

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

求む、投票!