忍者ブログ

印度の小噺。

計画的のつもりで、 無計画に飛び込んだインド生活の、 テンヤワンヤなコトの顛末を綴ります。

Home > 住宅事情

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インドでの新居の決め方について。





毎朝というほどではないが、
結構な頻度で我が家のベルは鳴る。

先述の通り、
滅多に応答しやしないんだけど、
今日は止むに止まれず何度か応答した。



第292話|あのベルを鳴らすのは誰か?の巻



ソレは迎えのドライバーが来るいつもの時間帯直前まで、
携帯の電源が死んでいるコトに気がつかなかったからだ。


1度目、
迎えにしてはやや早いなぁ、と思いながら開けてみると誰もいない。


2度目、
もう出ないつもりだったけど、
先述の負い目もあり開けてみるとやはり誰もいない。


3度目、
ウンザリしながら開けてみると、おっさんが立っている。 
曰く、物件オーナーからの紹介で内見したいんだとか。


悪いがそんな勝手な都合で突然来られても面倒臭いので、
適当にあしらってドアを閉めた。


4度目、
ようやくドライバーからの到着通知かと思ったらソノついでに、
先ほどの案件でオーナーと内見希望者が来てる旨を告げられる。


要するに実は、
一年半住んだこの物件は今月末で退去予定なんだ。


何度も急かされてドアを開けると、
オーナーと内見希望者がズケズケと中に入って来る。


コチラは不快感を包み隠さずオーナーに伝える。


「こういう話って、事前に通達してから来るべきだろ!普通!」


「え、おとといオタクの会社に伝えたけど」


「嗚呼、そうですか!コチラのミスコミュニケーションですね!」


てなノリで止むなく内見されるコトになったんだ。


どうやら明日も来るらしいんだけど、
内見希望者に一言じゃ足りない程のアドバイスが山ほどあるんだ。

いちいち書き連ねてみると以下の通りになる。↓

①水は自分でスイッチオンして水たまりに補給して、
別枠のスイッチで自室に汲み込まなきゃだよ、大丈夫?


第257話|熱帯夜でのインドあるあると、思わぬコミュニケーションの巻。



②停電時、ここには自家発電ジェネレーターは無いし、
予備電源も無いし、設置は自費だけど大丈夫?


第218話|インドの停電事情に想いを馳せる夜の巻


③子供部屋(僕の部屋)のエアコンは壊れているよ、大丈夫?


第277話|エアコンなしで人間は生きられるのか?〜実体験による人体実験より〜

第278話|エアコンなしで人間は生きられるのか?〜エピソード2〜



④夜八時を過ぎるとこのエリアは閉鎖されて、
オフロードみたいに荒れた道を通らないと帰って来れないけど、大丈夫?


パッと見で、綺麗そうな内装だけじゃ解らないコトが山ほどあるんだ。
新築物件が一番危ない物件だったりするインドの摩訶不思議さがココにある。



何度か日本人の友人の物件でもあったコトだけど、
新築物件はある意味、実験場みたいなモンだよね。
どんな不都合があるかは住んで初めてわかるんだ。



要するにある程度住んだ人がいる実績が、
その物件に住む価値を決めるコトになる。



まぁいいや、
インド人のみなさまはそんな些細なコトを気にしないのかも知れないし、
僕がそんなコトに口を挟まなくたってイイのかも知れないんだろう。


どちらにしても、
僕は四月の初旬まで居るので、
ショートタームの引越しをするコトになる。


既に引っ越しジャンキーなフリークスみたいな類としては、
折角のこんな展開を最後まで楽しみ切っておこうと思うんだ。






にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
PR

あのベルを鳴らすのは誰か?の巻。




毎朝7時。


ありがたくも一切ない不思議な儀式がやってくる。
だいたい同じ時間にドアのチャイムがけたたましく鳴り響くのだ。


意外とセンシティブな僕の眠りは、
あっけなくその朝はノッキングオンドアで幕が開けてしまう。


自分に用がある人が、アポなしで来るだなんてほど、
非常に残念なことではあるけれど僕には友人はいやしない。


それにしても毎日続くリングアベルに、
朝も早よからうむむっといきり勃って、


「もしかしたら、ゴミ回収の人たちなのかも知れない。」


と思いつつドアを開けてみた。


すると、大抵誰もいないというホラーを味わっている。


何が何だかわからない居心地を秘めながら、  
毎日半信半疑で毎日寝直していたんだけど、 
毎日同じ時間にベルは鳴るし、毎度結局誰もいないのである。
 
もはやコレは心霊現象なんだろうなぁと一人ブツクサ唱えつつ、
適当にポジティブにモノゴトを必死で捉えながら過ごしてたら、 
ふとした外出時に、どうやら原因らしい現象に出くわしたんだ。




どうやらアパートの門についているリングでベルが鳴るらしい。
そんな訳で毎回毎度どの部屋にもベルがけたたましく鳴り響き、    
今日も朝も早よから誰かが家の建物の誰かに会いに来たようだ。




それにしてもベル音がけたたまし過ぎるのか?
隣のお家のベルの音は区別がつくようになってきてはいるのである。



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

インドの停電事情に想いを馳せる夜の巻。



家に帰るとそこは闇だったってことは、
ここではよくある話なのかもしれない。

「夜なんだから、当たり前じゃないか!?」

だなんて嘯きながら、
 
そういえば日本での生活でも、
そんなこともあったような気もしないでもないが、
無かったような気もしない生活だった様にも思う。


それでもこんな真っ暗闇に飛び込んで、
いつ点くとも知れない電気を待つだなんて、
日本では無い話だろうとも思っている。



既に帰宅から3時間が経過しているし、
再開の見通しがあるのかも知らない。



ついでに水も出ないコトに気がついてしまった。



思えば、なかなか不便な生活であるし、
いろいろ見えなくて困ってもいるんだけど、



きっとそれは、
いつか点くって思っているから待てるようにも思っている。



まぁともあれ朝はやってくるし、
いずれ電気も開通して充電やら揚水やら出来るだろう。
って思っているから付き合えるのかも知れない。



そんな風に思いながら、
相棒のマック君は残量4パーセントで息も耐え絶えだ。



唯一の光であるこのマック君の灯火を頼りに、
暗がりで部屋に残っていた酒をかっ喰らいながら、
改めて想うことはきっと、



夜は寝たほうがいいってことだよなぁ。



と噛みしめていた。



そのくせ手持ち無沙汰に飲んだコーヒーと酒で、
眠気も覚めてしまいながらも寝床に着いた矢先、
現在午前4時前にどうやら通電した様である。



はて、
どちらが僕の健全な生活にとって有益なのかは、
定かではないというか、目に見えているんだけれど、



ともあれこんな風に限られた時間をどう過ごすか?とか、 
そもそも寝ろよ、バカ!とか自問自答できた瞬間を良しとするか?とか。



何も見えずネットからも断絶された真っ暗闇の方が、
色々一人遊びが楽しいような居心地になったのも事実なのである。



通電したらしたで色々音が賑やかなんだ。
どうせなら、寝ている間に朝になって欲しかったんだけどね。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

インドの、インド人による、引っ越し風景の巻。




思い返してみると、
どうやら人生で14度目の引っ越しというコトのようで、
多いような気もしますが、インドでは二度目の引っ越しを迎えました。


それにしてもご覧のような有様で、
梱包とかも基本無いワイルドなフリースタイルです。

とにかく詰め込むだけ詰め込んで、
予想される筈の移動中の衝撃とか、
詰め込む段取りとか順番とか諸々。

清々しいくらい気にする気配なんて無さ過ぎて、
気にするコチラがバカバカしくなります。


■写真1【横で入れてみたけれど】


■写真2【入らなそうなので、斜めにしてみた】



こんな感じの臨機応変?で行き当たりバッタリな押し問答が延々と続きます。

「ガラスだぞ、それ!大丈夫なのか?」

とコチラだけがハラハラ、イライラしてしまいます。


更には、
どうやらついついこぼしちゃったらしい醤油を、
こちらが別用途に用意した布袋で拭き取ってシタリ顏するなんて、
ちょっと予想の斜め上すぎる行動に舌を巻いたりもします。

「おいおい、それで拭くのかよ!ってか、捨てるなよ、そこに!!」

てな具合に何から何までこの調子なので、
几帳面な方々なら卒倒しちゃうかもねー!と思っていたら、
ちゃんと梱包する業者も当然いらっしゃるご様子。



とはいえ、
よくよく中身を見ると大差は無いかも知れないね。

それにしてもホント、
何もかもが豪快過ぎて、開いた口がふさがりませんよ、しかし。



まるで荷物がゴミのようだZe!!

そんな訳で、
新生活第3弾へと続きます。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

インドでお引っ越し 〜決着篇〜




そう、そういえば先日、
前に住んでいたお家の落とし前を付けに、
ソコの大家に呼び出されて決着をつけて来たんだ。

【コレまでの経緯】インドで引っ越し交渉篇
http://india.no-mania.com/Entry/101/


先述の通り、
事前にあらかた話をつけてある筈だけど、
借りた時から周囲から頂くアドバイスはいつも、


「インド人オーナーとのこの手の話は揉めるのが多いらしい」


とかそんな類いのお言葉を頂いていたので身構えていた。


退去日時をコチラから投げかけて、
まずはメール越しでのキャッチボールが始まる。


こちらから早速直球で核心に迫る。


「いつデポジットを返してくれんの?」


「今日はどうだ?ルールは明確だ、コチラには責任がある。」


もはや疑い深くなっているコチラとしては、
建前だけは一丁前のインド人の物言いなんて気には留めない。


「今日は駄目だ、明日にしてくれ!」


そんな訳で翌日改めて日時が指定され、
決着は翌日に持ち越しの流れになった。


そして翌日、
真面目なコチトラは時間通りに到着したんだけど、
なんだ大家はいないじゃないか!?


「嗚呼、そうかココはインディアであった。」


と我に帰って気を取り直し、
何だか先方のペースに巻き込まれるのもシャクなので、
そんな流れにあらがう様にお昼ご飯を食べてから出直した。


30分位様子を見て、
コチラのペースに持ち込んでやろうと、
こっそり意気込んでいたんだけど、
まだまだ大家は現れず電話をしても、
あと10分!もう10分!と待ちぼうけコンボを食らう展開になった。


そのころから、
何だか嫌な予感が立ち込めていた自分を感じていた。


「いかんぞ、これは、相手のペースに持ち込まれている!」


実は負い目がある。
鍵を新居に置いて来ているのだ。


取りに行くつもりで出掛ける前に運転手の彼に伝えていてはいたんだが、
セッカチな彼は、そのまま着の身着のまま現場に直行してくれたのだ。


結局1時間以上待った挙げ句、
合流したとたんに予感は的中!


鍵が無いと話にならないと突っぱねられて、
新居まで取りに飛んで帰って戻ってくる結果になった。


そして部屋の備品の確認を済ませ、
交渉のテーブルにようやく座った。


さんざん振り回されたのか?勝手に立ち回ったのか?
もはや、良く解らなかったんだけど、
話はすこぶる快調に流れ、結果デポジットは全額帰って来た。


でも、手渡されたお金を数えてみると、
500ルピーが一枚足りない気がする。


気のせいか?
念のため確認しようとするコチラにニヤけながら彼は言った。


「足りなくないかい?一枚。」


あれ!?やっぱり!と表情で返すと、
500ルピーを手に彼はこう言った。


「これは、管理人のシンさんにあげていいかね?」
「そしてもう一人、棟梁にもアゲてくれないかね?」

何ともキザなやり取りじゃないか!
とも思いながら、

世話になった二人には、
500ルピー以上アゲたって別に良いんだけど、
言い値に色をチョット加え、
喜んで支払って別れを告げたんだ

帰り際にオーナー曰く、

「いつだって帰って来て良いんだよ、
だってボクらは家族だからね!!」

だなんて、
コッ恥ずかしくもなる提案を頂いたんだけど、
お言葉に甘えてそのうち行ってみようかどうしようか。

たぶんいかないとは思うんだけど、
いずれにしてもすんなり話がまとまって、
ビックリしちゃったって訳なんだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

冗談だよって笑って欲しい、インドのサプライズ。




エイプリルフールってコトで話が済むんであれば、
さっさと済ませてもらいたいコトが早速起きている。

昨晩未明、
シャワーを浴びて一日の疲れを!だなんて思ったのも束の間、

ギザをスイッチオンで電源喪失。
どうやら自爆ボタンでも押しちゃったのかしら?
はたまた誰かの粋な計らいなのか、
真っ暗闇で新居初日独り初夜サプライズパーティーが始まったのだ。


要するに停電したようで、
ブレーカーがあるのかも知らないし、
真っ暗闇で何が何だかワケが解らない。

ひとまず外に出て、
階段を駆け下り門番に相談してみたんだけど、

「朝になりゃ解決するよ〜」

的なあしらいを受けたオカゲで何だか気が抜けた気もする。

とはいえ、もちろん朝になっても解決しないし、
ブレーカーは見つけたけど異常は無さそうって、
そもそも君は本来の機能を果たしているのか?

まぁ問題は冷蔵庫の中身だけっちゃあだけなんだけど、

誰か、誰でも良いので「冗談だよ」って笑って欲しくもなる、
クソッタレなエイプリルフールを過ごしているのである。



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コスパの悪いインドのお家。



いよいよ月末にさしかかり、
我らの引っ越しが明日に迫って来た。

個人的なことで恐縮ながら、
今回の引っ越しで我ら夫婦はシバシの別居となり、
彼女は日本、当方グルガオンの遠距離家族になる。

もはやどちらが単身赴任なのか?は知らないが、
ノマドな我々はどちらも根無し草なお気楽極楽スタイルである。

そんな訳で近頃は、
こちらの荷物を新居へ運ぶ作業を始めている。

とはいえ、
荷物は衣類位しか無かったようで、
段ボール2箱くらいで終わってしまった。

それにしても他がどうか知らないが、
デリーグルガオンの家賃のコスパの悪さはヒドい。


日本の都市部も色んな意味でイカれていると思うけど、
コチラは値段の割に、クオリティが圧倒的に低いのだ。

ソコがインドらしいと言えば、
ホントにらしいところかも知れない。

つまり、
見せかけばかりのビンボッちゃま住宅なのでアル。

今回の新居も派手な見かけの割に、
ディテールは泣ける位ボロっちく、
日本の古びた団地クオリティだし。

更には、
ココに住んでるインド人も同じ家賃払ってるのか?
良く解らないけれど、
少なくとも今までの部屋は外国人価格だったのか?
誰が見てもぼったくりな価格だったみたいなんだ。

もちろん探せば格安過ぎるお家はたくさんあるし、
ライフスタイルは段違いにバリエーションにトンでいるけれど、
日本人ってなかなかコストリーな生き方してるよね。

時折、同じ人間なのか?と思っちゃうくらいだよ!

とつくづく想う引っ越しセンチメンタルなエンドオブマンスなのである。

【参考】
http://safta.jp/delhi_02.html






にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ズボラな夫婦とサーバントの共存関係2。





アレから数日、
朝のセレモニーは収まって、
平和を取り戻した代わりと言ってはなんだけど、
部屋はどんどん原生林に近づいていくようなもので、
そもそもの引っ越し荷物やら、
先述の乾いた泥が残ったまま手つかずの保存状態になっていた。


そこでようやく気づくのが、
掃除道具が無いってことだった。


まぁなんと申しましょうか、
失って初めて解るありがたみって奴とでも申しますかねー!?


ってな訳で行動を開始しようにも、
洗濯モノを自分でヤルのは全く構わないが、
どうやって掃除するかが目下の課題となった。


そんな風に考えながら朝着替えをしていると、
管理人がこちらの名前を呼びながらドアを叩いてくる。


嗚呼またか、と想いながら、
そういえば、水を頼んだのに払いをしてなかったコトを思い出し、
仕方無くドアを開け、50ルピーを渡す。


毎度のごとく何事かけしかけてくる管理人の後ろには、
見慣れない女の人がコチラを不思議そうに眺めていた。


その後のやり取りは全くもって言葉が通じない中の超訳トランスレーションではあるが、
多分こんな風な流れだったんだろうと書き連ねてみよう。


管理人/お前の部屋床が泥だらけだろう、掃除しといてやるからな。
こちら/いや、前にいらないっていったじゃん!?


管理人/いまカピラ(掃除のオネーさん)は休暇中だから、洗濯掃除はこの子がやるからよろしくな!
こちら/いや、だからこの前断ったでしょ!?自分でやるから。


管理人/そうか、洗濯はいいんだな、じゃあ掃除はまかせとけ!この子がヤルから。
こちら/(次第にメンドクサくなってくる)あ、そう、じゃ、じゃあよろしく。


管理人/嫁さんはどうした?最近いないじゃないか?
こちら/前も言ったけどダラムシャラーにいってるよ、今いない。


管理人/なんで?なんで?
こちら/その後にほんにかえるんだよ。
管理人/なんで?なんで?
こちら/…


てな具合で面倒臭いながらも、帰ってきたらきれいさっぱりの御陰さまだったんだけど、
やはり不在中に勝手に立ち入ってもらっちゃう至れり尽くせり環境は好みではないなぁ。

と想いながら少しきれいになった部屋で,
いつもの様に酒をあおって寝たって訳さ。



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

インドで引っ越し交渉篇



いよいよ引っ越しの日取りが視野に入ってきた。

先日大家に呼び出されて話し合いを持ったんだ。
コチラ側の都合を話し、日程を告げた。

先方の大家は座っていても管理人の身長に迫る大男だ。
彼は穏やかに、でも確実に

「一度決めたらキャンセルできないぞ!」

というニュアンスで迫って来る。

「もちろん気変わりなんかしやしない。むしろ遅かったくらいだ!」

とコチラも強気に応じる。

さらに門限が突然設定された件や、
ソレに対して管理人に突きつけたヒンディー語で書いた手紙が、
今さらながら管理人から大家に手渡された途端、

「コレが原因なのかい?もっと早く言って欲しかった、話し合ってお互い納得し合おう。」

「なんなら、居たいだけ居ても良いんだよ!」

と随分態度が変わってきて、まるで別れ際の女々しい男状態になった。

そもそもこの件に関しては、大家にも何度か掛け合っているし、
その都度強気に出て行くなら構わないよ!的なスタンスだったくせに、
最後は

「誰か知り合い紹介してくれないかい?」

だなんて、あんた、何でコチラが出て行こうとしたかって聞いていたのか!?
ソレを理解した上で言っている筈なんて無いんだからなお呆れてしまうってもんだ。

と言う訳で今月末に引っ越しが決まり、心機一転新生活といくのだろうか?

ちゃんと彼はデポジットを言った通り返してくれるんだろうか?
最後まで揉めないことを願っている訳 なんだ。


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

と或る夜の決意。【住宅問題篇】



この前、ちょっと早めにお家に帰ってきたら、
我らが家の入り口の鍵が閉まっていたんだよ。


ちょいちょいあるちょっとした出来事として、
仕方無く管理人に電話をかけてみる事にした。


何度か出くわすシチュエイションではあるし、
ドアは叩くな電話しろとイサメられてたんだ。


だからこそ管理人シンジーへのSOSなんだが、
どうやら電話に出ない袋小路な展開であった。


妻はその晩友人宅での飲み会で帰っていない。
途方に暮れる口実で近所の酒屋で酒を買った。
勿論買った酒を玄関先でなんか飲みたか無い。


そんな訳で、あまりに救いようの無い展開に、
堪らずドアを叩いてSOSの救助を訴えたんだ。


対応してくれたのは通称大工の棟梁であった。
いつも改装の際にやって来て居座る謎の男だ。


彼は言う、11時には鍵を閉めろとお達せだ。
ソレ以来、門限が厳格に11時に設定された。


いない筈の管理人も寝ぼけて出てきたりして、
三人で妻の帰りを待つ謎の展開になったんだ。


丁度さっき買った酒を管理人に見られた結果、
その酒くれよ!と毎度のおねだりが始まって、
仕方無く、コップ二杯にラムを入れるコトに。

彼は棟梁を呼び出して酒盛りが始まったんだ。
寝ぼけ眼のくせに調子のイイ管理人であるね。

それにしても今回の一件で、決めた事がある。
それは、もう此処には住めないって事なんだ。

仕事柄午後11時前に帰ることは出来ないし、
毎晩わざわざ鍵を開けて貰うのはご免なんだ。


いつの間にか勝手にルールが変わるってのは、
良く聞くインドの随分勝手な展開なんだがね。


敷金等の問題でもめるのも日常的らしいので、
デポジットで支払った二ヶ月をどうしようか。
家賃を払わない宣言でもしようかと想うんだ。
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
        

FBページ、あります。

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

求む、投票!