忍者ブログ

印度の小噺。

計画的のつもりで、 無計画に飛び込んだインド生活の、 テンヤワンヤなコトの顛末を綴ります。

Home > > [PR] Home > 小噺 > 【タウンわたらせ掲載】日々つれづれessay 『DIYだよ、人生は♩』第2話

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【タウンわたらせ掲載】日々つれづれessay 『DIYだよ、人生は♩』第2話





突然始まった海外生活を振り返ってみると、

とはいえ当時から痛感していたんだけど、

「海外旅行」



「海外生活」

は全く別個のモノのように思う。


それは何も「海外」に限ったものでもないので、


「旅行」



「生活」

で比較するともっと分かりやすいだろう。


そして僕の場合なにせ、

「人生観が変わる!?」

とか言われるインドである。


例えばの話、

旅先の安宿でお湯が出ないとか、
停電しちゃったとかあったとしても、


「きっとコレでこそインド!」


とか言いながらネタとしてやり過ごせるだろう。


でもソレが日常生活の一部になった途端、
笑うに笑えず、
苦笑いと涙でひたすら対峙するしかない現実問題として立ちはだかるのだ。



それにしても、
さすがインドというしかないけれど、色々あった。


多分最初に出くわした驚きの出来事は、

「牛肉流通禁止」

だったように思う。

常々その可能性は聞いていたんだけどソレは突然やってきて、

明日から一切の提供を禁止するっていうんだから寝耳に水ってのはこのコトである。


幸い?
僕の勤めていた焼き鳥屋はオーナーが牛肉提供をそもそもNGだったから
問題なかったのだけれど、

近所のステーキ屋は、水牛の肉を提供するようになったw


そういえば、街の名前も突然変わった。

「グルガオン」

から

「グルグラム」

になったようだ。

そしてトンデモない極め付けが、
高額紙幣の流通禁止であった。


レストランの営業終了後にインド人マネージャーが笑いながら話しかけて来る。


「山本さん、知ってるかい?明日からこの千ルピー札使えなくなるんだよ」


「え、なんの話?」


「さっき、首相が演説したんだよ、明日からコレは紙切れってコトさ。」


そんな訳で、翌日から本当に流通停止。


朝から銀行には両替の長蛇の列で
数少ない新紙幣を奪い合うカオスがしばらく続くコトになり、


レストランでも旧紙幣での支払いはお断り。

決済は全てカードか小額紙幣のみという状況になったのだ。


更にカード決済までシステム異常なのか、停止する羽目になった。


ソレにしても面白いモノで、
インドでの日本人社会は小さいコミュニティというコトもあるだろう。


旧紙幣もカードも使えないというあり得ない状況の中で、名刺を貰いながら、


「今回はツケってコトで、次回ご来店の際にお願いします」


という日本では考えられない対応で難局を乗り切ったのである。




そんな訳で僕は、

「価値観が変わる」

ってほどでもないけれど、
どうあっても動じないスタンスが鍛えられた気はしなくもないかも知れない。

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
PR
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
PR
" dc:identifier="http://india.no-mania.com/Entry/364/" /> -->
Responses0 Responses
  • お名前
  • タイトル
  • メールアドレス
  • URL
  • パスワード

FBページ、あります。

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

求む、投票!